台湾女子、鈴鈴の台湾ガイドブック

日本人と国際結婚した台湾女子の体験日記。台湾旅行、美食、文化や中国語などに興味ある方は是非ご覧あれ。台湾人しか知らない隠し情報あり!

中山駅グルメ|週末ランチでプチ贅沢!広東料理【ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ明宮粵菜廳】

 

今日紹介するのは中山駅近くにあるホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイの中の明宮粵菜廳(広東料理系のレストラン)です。

このような高級ホテルの中のレストランにしてはとてもお得感のある価格だと思います。ホテルのフロントから入った後、3階まで階段で上がるとすぐに明宮粵菜廳が見えます。

 

 

レストランは全体的に広く作られており、

テーブル間も写真のように大きく距離がとられています。

満席ではないときは二人でも大きめの机に座れ、

とても快適に食事できます。

 

 

飲茶は一籠120から140元で標準的な価格です。

ここは広東料理屋さんですが、

広東料理のメニューは多くなくほとんどが中華の炒め物料理でした。

 

 

ランチ限定のメニューのページです。

とてもリーズナブルなので、

広東料理が好きな友達とふらっと立ち寄るのにもお勧めです。

 

 

これは飲茶を注文した後にでてきたタレです。

ピリ辛なタレとマスタードでした。

 

 

この焼売はとてもおすすめなので是非皆さんに食べてもらいたいです。

私は小さいころから焼売の濃い玉葱の味が好きではなかったのですが、

この焼売は玉ねぎの臭みが取り除かれていて、

代わりに豚肉のうまみが詰まった味が口の中に広がります。

 

 

小籠包は比較的厚めの皮のタイプでした。

中は多めの肉汁があるのでテーブルに運ばれてきたらすぐに食べてください!

時間がたつと皮が汁を吸収して、味の立体感がなくなってしまいます。

 

 

この蘿蔔糕はニラと卵と一緒に炒められていて、

オリジナリティがあります。

蘿蔔糕は外はカリカリ中はフワフワで、

ニラの香りも非常に濃くて満足感がありました。

 

 

粉腸は柔らかい皮でお肉やエビを包んだもので、

ここではエビが一匹丸ごと使用されていました。

これは香港料理そのままの味付けが再現されているように思いました。

 

 

最後に、搾りたてのオレンジジュースを飲みました。

粒粒感がとても新鮮でよかったです。

 

 

今回は休みに旦那と一緒に来ましたが、二人で1500元ほどでした。

休みの日にちょっと贅沢して美味しい食事と快適な空間で

素敵な時間を過ごせる良いレストランだと思います!

是非来てみてください。

 

 

【ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ明宮粵菜廳】

 

住所:台北市中山区中山北路二段37之1号3階

電話番号: 02-2542-3266#318

公式サイト:http://www.royal-taipei.com.tw/jp/restaurant6.php

営業時間: 月曜日―日曜日

ランチ: 11:30-14:30

ディナー: 17:30-21:30

(ラストオーダー:21︰00)

駅:中山駅